twitterへの引導 #ビジネスTwitter

独裁社会をめざすtwitterにさようなら。twitter運営にとって都合の悪い事実を開示します。ぜひツイートで拡散お願いします。

今日もtwitter運営に喧嘩を売られています(笑)

てめえで凍結しといて、広告出稿しませんかというDMが未だに届きます(笑)これは喧嘩売ってると捉えていいんですよね?いや本当に広告は出したかったんですけどねえ。

 

f:id:cbtgoods:20170428001750p:plain

 

そもそも、かつてtwitterがずっと赤字だというニュースが流れたとき、有料でも使うから課金プランも作ってくれればいいのに!という声が多数あがっていたのを覚えています。同時に、絵師をバンバン凍結するくせに、エロいプロモが普通に流れてくるツイッター広告に対する不信感の声も多かったように記憶しています。それなのになぜ運営は、相変わらず広告収入で何とかしようと考えているんでしょうね?運営にはネットユーザの視点が決定的に欠けていると感じるのはぼくだけでしょうか。

twitterという場はとても居心地が良いのは確かです。ユーザを無碍に扱う運営、ろくに答えないサポート、そこだけ改善してくれれば月額数百円くらいなら払う人は少なくないと個人的には思います。

 

これは中傷ではない事を予め断っておきますが、例の潜入したセミナーにおいて講師のTwitter Japanの森田さんは講演中、典型的な「すべからく」の誤用をしました。ネット民の多くにとって「すべからく」という言葉は、それに対する「誤用だよ」というツッコミまで含め、もはや古典的なテンプレと化しているくらい典型的な、「ネットでちょっと偉そうな事を言ってる人がハマりやすい誤用」という認識が定着していると思います。それを知らないくらい、森田さんは「ネット民」の視点を持ち合わせていないと言わざるを得ないでしょう。

また、「企業の公式アカウント同士の交流は好意的に見られますよ」というような話もしていました。お察しのとおり、シャープやタニタキングジムとかパインアメさんの事です。しかしユーザとして長年twitterを見てきた身としては、彼らはその路線を切り開いたパイオニアであるからこそ支持されているのであり、現在までそれが続いているのはもはや「お約束」の「様式美」としての価値を確立しているからに過ぎないとぼくは思います。

実際、企業の公式垢がユーザに馴れ馴れしく接したり、よその公式さんと馴れ合おうとしている姿はその後よく見られましたが、それらに対する視線は「二匹目のドジョウを狙っているんだろうが痛々しいだけだな」と厳しいもので、多くの企業公式垢が自然消滅していきました。森田さんの講演は、その点を意図的に隠したというより、本当に知らなかったんじゃないかとぼくには思えました。それ以外にも、たとえば「ラピュタに合わせてバルスって書き込みましょう!」とか公式が言い出したら醒めるだけだろ、みたいな事案も数多くありましたよね。自然発生的に起きるムーブメントが楽しいのであって、お仕着せのプロモーションなんて白けるだけというのもわからなかったんでしょう。

 

実際にセミナーを拝聴して、運営の意識はネットユーザのそれとかなりズレていると感じました。我々は楽しくコミュニケーションがしたいだけなのです。誰だって広告なんて見たくないのです。そのへん根本的に勘違いしているというか、肝心の「中の人」がネットユーザと意識があまりにも乖離しているというのがぼくの印象です。米Twitterは減収と先日報道がありました。そして日本の顧客は世界的にも特殊で、Twitterにとっては重要な市場だと言われています。その日本人がいまマストドンに大きな関心を寄せています。twitterに引導が渡される日はそう遠くないのかもしれません。

 

 

 

メアド・電話番号からツイ垢を特定される恐れがあります

twitterの利用に際し、メールアドレスや電話番号を頻繁に要求されるようになりましたね。このメアド・電話番号とtwitterアカウントとの関連性を、第三者が知ることができる可能性があります。しかもtwitter運営は堂々とそれを提供すると公言しています。その根拠を以下に示します。

 

一般にネットの広告がターゲティングされていることは誰でも知っているでしょう。ホテルを検索するとついでに航空券の広告が出てくるみたいなアレです。twitterのプロモツイートもターゲットをキーワード等で指定することができますが、そのターゲット指定の方法がいろいろ用意されており、その中の一つに「既に顧客リストを持っているなら、その人物がtwitterアカウントを持っていたらその人に広告を出しますよ」というものがあるそうです。具体的には、メールアドレスもしくは電話番号のリストを持っている場合、それをtwitter広告出稿のインタフェースに流し込むと、それを元にtwitterアカウントを探し出し、その人にだけ広告を出せるようです。

 

実際に自分でやってみた事は無いのですが、ターゲットとしてメールアドレスを一つだけ登録したら、その人にだけ広告が出るのではないでしょうか?例えば炎上を目的にfoo@bar.comというメアドの人物を探るとき、いかにもRTしたくなる偽プロモツイートを作り、この人にだけ広告が出るよう出稿すれば、RTしたアカウントがそのメアドの人物のものという事が特定できてしまいます。もちろんその逆(twitterアカウントからメアドや電話番号を知ること)は出来ないでしょうが、すでに関連が疑われていればその答え合わせが出来ます。仮にターゲットが1件では登録できないようになっていたとしても、偽プロモAとBを作り、A∩Bがその一人になるよう仕組むことは可能だしそれを排除するのは難しいでしょう。

twitter広告のプロモツイートに詐欺があふれている事は昨今の悪質ポイントサイトの偽キャンペーン問題等で周知の事実ですし、ネット炎上において「特定」がいかに恐ろしいものかはネットに詳しい人ならわかると思います。些細なパズルのピースから、本名も住所も勤務先も特定され、その後の人生を左右しかねない騒動に至るケースが過去に幾つも起きています。このように攻撃対象にハニーポットを送り付ける手法は古くからあり、例えば偽のラブレターに書かれたURLにアクセスしてしまいIPアドレスを漏らされた有名な弁護士が実在する等、手の込んだトラップを仕掛ける事自体を楽しむ人さえいます。

繰り返しになりますが以上は思考実験であり、実際に検証はしていません。しかし、twitter社が自分でコントロールできるID空間にとどまらない関連性を提供すると公言しているのは事実です。そこから何が漏れ得るか、最悪のケースを想像すると、わりと本当に最悪の事態が起きうるのではないかと思います。

twitterへの問い合わせは、サポートの人間には届きません

twitterへ問い合わせても、少なくとも日本語を理解できる人間が対応してくれる事はまず無いと断言します。

 

最近は他の多くのサイトもそうですが、問い合わせをしようとすると、何とかしてはぐらかそうとFAQへ誘導され、問い合わせをする事自体が難解になっています。twitterも同じでFAQをたらい回しにされますが、懲りずによく探すと問い合わせフォームが出てきます。

で、そこから問い合わせを送っても、それすらおそらくbotが機械的に処理したのだろうと思われる返答しか返ってきません。100歩譲ってbotではなく人間に届いているかもしれませんが、それでも日本語の通じない新興国かどこかに丸投げされて「誤ロックと思われるので解除します」「通報を受けましたが問題無いようです」等々テンプレを返答するだけのボタンが付いた機械の前で、ろくに検討もせず適当に返答をしているのは確実です。以下にその根拠を示します。

 

先日の「名寄せ」に関する記事に書いたとおり、ぼくはtwitterが漏らした情報から精神異常者に素性を特定され、ネットストーカー行為を受けています。その人物による嫌がらせの一つに、twitter上の自動返信botを使った攻撃がありました。仕組みはこうです。

まず攻撃者が攻撃用アカウントを作り、その名前部分に攻撃対象であるぼくのIDを混ぜます。仮に攻撃者のIDを@attacker、攻撃先(ぼく)のIDを@target、攻撃者の"名前"を「@targetのカーチャン出べそ!」とでもしましょうか。次に攻撃者は、名前部分を含むリプライを自動的にツイートするbot(仮に@repbotとしましょう)を探し、@attackerから@repbotに何かリプを送ります。すると@repbotは「@attacker やあ、@targetのカーチャン出べそ!の諸君、久しぶりだね」というツイートをし、その結果@targetには「あなた宛のリプライが届きました」という巻き込みリプ通知が殺到する、という手の込んだ嫌がらせです。自動返信botは無数にあるので、いくらブロックしても次々と別のbotからの通知が届いてしまいます。リクエストに細工をする事で正常なレスポンスそのものを攻撃に使うという点でDNSリフレクションに似た攻撃だと言えば判る人には判るでしょうか。

f:id:cbtgoods:20170425235835p:plain

この攻撃を受けている旨をtwitter運営に通報しました。攻撃を受けている旨を通報するには、どれがその攻撃ツイートなのかURLを提出する必要があるため、@repbotによるツイートのURLを添えて、攻撃内容の詳細として「@repbotはその自動返信機能を利用されているだけで、真の攻撃者は@attackerです」という旨を丁寧な誰でも分かる日本語で書き添えて送信しました。

すると何と運営からの返答は「攻撃を確認したので@repbotを凍結しました」という驚くべきもので、実際に@repbotは凍結されていました。結果的に、ぼくが通報した事で幾つかの何ら罪の無いbotを凍結に追いやってしまったのです。

おそらく実際に@repbotは多くのIDへのリプを送信していたのでしょう。その事から、実際にリプを受けたぼくからの通報により、@repbotを攻撃アカウントであると機械的に判断し凍結させたのでしょう。もちろん@attackerは無傷なままで、次々と別のbotを使い嫌がらせを続けました。

 

つまり、どう考えても、通報の内容を読んでいないんです。

 

 シリアスなabuseの通報においてすら、この対応です。普通の問い合わせにどう対応しているか想像に難くありません。ちなみにtwitterに問い合わせた際の返答は常に、担当者が誰かを名乗りません。そもそもそういう態度なのです。

独裁ソーシャル・twitter運営にとって最も隠匿したい情報はこれかもしれません

こちらの文面も #ビジネスTwitter タグを付けて投稿しました。凍結前の最後のツイートがこれだったかもしれません。今となっては確認できませんので。

 

f:id:cbtgoods:20170424182849p:plain

 

前述のとおり、ぼくはネットショップを運営しているのでビジネス利用の参考にと思いセミナーに参加しただけです。また聞きに行きたいと思ったので次回分も申し込んでみたのですが、上記のようなメールが来て一方的に参加をキャンセルされました。

 

そして、@twitterjp_smb だったかな?公式ビジネスアカウントが「5/16のセミナーは満席です」とツイートしていたので、この画像を添えて「あれ?キャンセルが出たから満席なはずはないですよね?また嘘をつくのですか?」的なツッコミを同様にツイートしたんです。

「皆様にお願い」と書いていますが、このメール、ぼく専用にわざわざ捏造したのかもしれませんね。それを開示されて、ウソがバレるのであわててぼくを凍結した、と。そう考えるのが一番自然です。事実でないというのなら、ツイッタージャパンのどなたかご指摘いただければ撤回いたしますよ、どうせ見てるんでしょうから。

 

こちらは対話に応じる用意があると以前問い合わせフォームから通告していましたが、今となっては手遅れです。ぼくは合法的な範囲であらゆる手段を講じますので、必ずTwitter Japan株式会社様には大きな痛手を被っていただきます。

twitter運営が「名寄せ」を行っている事実をご存じでしょうか

名寄せ」とは一般的に、「別々の名義だけど実際には同一人物がやってるんやろ?マークしといたろ」というような行為を指す言葉です。たとえばお金持ちが資産を分散していても、それらが同一人物であることをこっそり突き止めて、ペイオフ逃れはさせないやで、というようなケースがそれに該当します。

そしてtwitter運営もこの名寄せを行っているという状況証拠をぼくは掴んでいます。たとえば、スマホの公式twitterアプリは複数のアカウントを登録できるようになっていますが、アプリは端末IDを収集しているので、その複数のアカウントが実際には同一人物によるものだという事を把握されているわけです。スマホの端末IDだけでなく、メアド・電話番号の使いまわしは勿論、IPアドレスCookie情報からも名寄せをしている可能性が濃厚です。

で、名寄せをされているため、同一人物が所有する一つのアカウントに対し運営が因縁を付けて凍結措置を濫用する際、使い分けていたはずの他のアカウントも、そのアカウントでは何ら違反行為をしていないにも関わらず、巻き添えで全部凍結される事が実際に起きています。ぼくの場合など、かわいいペットの画像を投稿するだけのアカウントまで巻き添えで凍結されてしまいました。全く理不尽にも程があります。

少なくとも初期のtwitterは、複垢に対し積極的に容認する姿勢が見えました。現実社会でも、会社、家庭、友人、それぞれ相手ごとにある程度人格を使い分けるのは誰でもしていることでしょう。それと同じ感覚で利用できるというのがFacebook等と異なりtwitterの人気に貢献していたように思います。しかし、それは過去の話となってしまいました。

さらにぼくのケースでは、Torという匿名化ツールを使い、極力複数アカウント間の繋がりを運営に把握されないような利用をしていました。が、一つ甘かったのは、ぼくは独自ドメインを持っており、そのドメインのユーザ名(@の左側)だけを変えたメールアカウントを無限に作成できるのですが、このドメイン部分だけは複数アカウントで使いまわしていました。その結果、同ドメインのメアドを持つアカウントすべてを一斉に凍結されてしまったのです。例えるならば @gmail.comのメアドをすべて凍結したというレベルの措置を強行されたのです。ということは、当該ドメインのメアドは第三者には提供しておらず、すべてぼくの所有物であることを人力で調べ上げたうえで凍結したということになります。問い合わせにはコピペでしか対応しないくせに、そういう自社に都合の悪い事実を隠蔽するためには人的コストを惜しまないのが現在のtwitter運営のやりかたです。

さらに更に、ぼくは個人的な垢・ショップ用の垢の他に社会貢献活動のつもりで、不正確な医療情報を拡散しまくっている人物に苦言を呈する活動をするためのアカウントも持っていました。ちなみにtwitter規約では利用目的を同一とする複数アカウントの所持は違反となりますが、目的が異なるものを違反とする条項はありません。そしてある時、twitter運営がぼくのこれらアカウントの関連を漏らしたとしか思えない出来事が起こり、その有害な医療情報を拡散している精神異常者(侮蔑ではなく文字通り妄想に取り憑かれている精神異常者)にショップ垢を特定されてしまいました。通販ショップは特定商取引法により販売者の住所氏名を開示することが義務付けられていますので、ぼくの本名と住所も公開しており、それも異常者に知られてしまいました。彼らは事実でない事を信仰し流布しているカルト的団体なので、ネットストーキングという言葉では済まされないような、あらゆる嫌がらせや生命に関わりかねない脅迫、業務妨害を受けました。この責任も当然ツイッター社にありますが、ここまで実害を被っているにもかかわらず、問い合わせにはロボットが回答しているとしか思えないコピペしか返ってきませんでした。書面で本社に抗議しましたがそれも黙殺されました。

 

twitterとはこのような企業です。

上記もすべて事実であり、流布することは公共の利益になると確信を持っていますので、名誉棄損には該当しませんと主張させていただきます。

 

我思う、ゆえに我あり。高度情報化社会と言われて久しいですが、社会が情報化すると同時に、情報もまた社会を形成しつつあるのではないでしょうか。それこそ「ソーシャル」ネットワーキングの一つの意義であるとぼくは考えます。

我投稿する、ゆえに我あり。ネット上で複数の人格を使い分けることは、ヒトの「個」や自我の有り方の拡張であり、新たな進化の形態と言っても過言ではないかもしれません。複垢に寛容でなくなったtwitterはやはりオワコンと言わざるを得ないでしょう。

ネットショップ経営にとって大打撃です

f:id:cbtgoods:20170424040144p:plain

 

ぼくはとあるネット通販ショップを運営しています。twitterにおいて数年にわたる地道な営業活動により、フォロワーを買ったりbotで水増しすることなく、ほぼ全員アクティブなユーザと思われる5,000人ほどのフォロワーさんに支えられてショップを運営してきました。ですので前エントリに書いたビジネスユーザ向けセミナーは、半ば本気で売上を伸ばす方向で何ができるのか情報収集のため参加したという正当な理由があります。特に、当店は同人誌も発行しているため、コミケ前の告知はかなりの効果があったと感じています。有料のプロモツイートも実際に検討しておりました。

にもかかわらず結果として、これまでの営業努力はtwitter運営の恣意的な匙加減による凍結措置で水泡と帰すことになってしまいました。特に今年の夏コミの売上は激減しそうな予感がします。まあ、同人誌は利幅が少ないので儲けにはあまり結びつかないのですが、ぶっちゃけ当店が扱っているかなりニッチなエログッズの宣伝というか啓蒙活動には最適な場でありました。

しかしtwitter運営が呼びかけている、ビジネスに活用しませんかとのお誘いと裏腹に、当店はtwitterによる不当な措置のおかげでビジネス的にも大打撃が予想されます。いったい誰が責任をとってくれるというのでしょうか。

このようなビジネス上のリスクがあるのは事実であり、かつその事を流布する事には公共の利益に繋がるとぼくは確信しています。この二つを満たす場合は名誉棄損罪は成り立たないという判例があります。このブログはtwitter社にとって都合の悪い事実を積極的に開示し続ける所存ですが、同社に対する誹謗ないし中傷を意図していません。ぼくは当の被害者として、ビジネスにtwitterを活用しようと思っている方々に、同じような不利益を被ることの無いよう、事実を伝える義務感からこのような活動をしています。

運営にとって都合が悪い事実だからというだけで凍結される、という新しいリスクを今回私は実際に体験しました。ぼくの正義はこれを黙殺することができません。特別送達が届こうが徹底的に、文字通り徹底的に命を懸けてでも追及しつづける覚悟をここに表明いたします。

twitterアカウントは理由なく凍結されます

twitterアカウントは理由なく凍結されます。

そして、運営は問い合わせに答えません。

 

f:id:cbtgoods:20170424031835p:plain

 

凍結されたのはぼくの一つのアカウントですが、約5,000人いたフォロワーさん全員に対し、彼らのフォロイーを一人、こっそりと抹殺したのです。リアルで友達や知り合いがいきなり処刑され、その理由もわからず、抹殺された事実にすら気付かない可能性のある社会、そんな恐ろしい"ソーシャル"があっていいはずがないでしょう。

 

凍結された心当たりはあります、twitter運営にとって都合の悪い事実を投稿したことです。過日、ぼくは京橋の東京スクエアガーデン19FにあるTwitter Japan株式会社に潜入してみました。潜入といっても、同社が公式に開催しているセミナーイベントに出席しただけですけども。そこで「今日の感想を #ビジネスTwitterハッシュタグを付けて投稿してね」と聞いたので、その通りに「セミナーに参加したが、最近あった詐欺プロモ(悪質ポイントサイトの件)に対しての言及も無く都合のいい話しかなされなかった」「そもそも理由なく凍結され、問い合わせても無視するtwitter運営はビジネス的に信用ならない」等の、事実ないし率直な感想を同タグを付け投稿しました。どう考えてもこれは正当な言論の自由の範疇ですが、恐らくこれが原因でしょう。恣意的な凍結も問い合わせを無視するのも事実です。

 

f:id:cbtgoods:20170424030641j:plain

 

凍結に対し当然異議申し立てをしましたが、「お客様のアカウントは、Twitterルール(https://twitter.com/rules)に繰り返し違反したため永久に凍結されました。このアカウントは復元できません。」とのコピペ回答しか得られませんでした。そして、「繰り返しルールに違反した」というのは事実ではありません。端的に言ってウソです、twitter運営はウソつきです。どの行為がどのルールに違反したのか、根拠を言えるものなら言ってみなさい。ぼくは神に誓って、この回答が嘘であると断言します。法廷に出る覚悟もあります。嘘つきだけは許せない性格なので、命をかけてでもtwitter japanさんには償っていただく所存です。

twitterはトランプ米大統領が発言の場として選んでいるほど、従来のメディアに比べ自由で新しいイメージが強いですが、その印象と乖離した独裁"社会"であることはあまり知られてこなかったように思います。一部、エロ絵師界隈ではこのような理由なき大量虐殺がある事が知られており、早々にpixivが立ち上げたMastodonインスタンス"Pawoo"が賑わいを見せているのもそのことと無関係ではないでしょう。かつて愛されたtwitterのクジラは死に、ゾウが生き返ったのは何かの因縁でしょうか。

 

windowsがまだ3.1だった頃、ぼくは大学のサークルで耳の不自由な女の子と友達になりました。部室代わりにたむろしていたコンピュータ室で、彼女は会話の輪に入れずにいるように見えたのでぼくはunixtalkで話しかけてみました。そのときの嬉しそうな顔を今でも覚えています。その後ぼくはフルスクラッチでBBSホストプログラムを作り、当時の言葉でいえばシスオペもしていました。あれから25年くらいでしょうか?あの頃の情報畑には、実現する技術はまだ無いけれど理想があったように思います。ぬか喜びと失望の繰り返しには慣れていたつもりですが、あらためて失望するのはやはり辛いものがありました。