twitterへの引導

独裁社会をめざすtwitterにさようなら。twitter運営にとって都合の悪い事実を開示します。ぜひ拡散お願いします。

twitterアカウントは理由なく凍結されます

twitterアカウントは理由なく凍結されます。

そして、運営は問い合わせに答えません。

 

f:id:cbtgoods:20170424031835p:plain

 

凍結されたのはぼくの一つのアカウントですが、約5,000人いたフォロワーさん全員に対し、彼らのフォロイーを一人、こっそりと抹殺したのです。リアルで友達や知り合いがいきなり処刑され、その理由もわからず、抹殺された事実にすら気付かない可能性のある社会、そんな恐ろしい"ソーシャル"があっていいはずがないでしょう。

 

凍結された心当たりはあります、twitter運営にとって都合の悪い事実を投稿したことです。過日、ぼくは京橋の東京スクエアガーデン19FにあるTwitter Japan株式会社に潜入してみました。潜入といっても、同社が公式に開催しているセミナーイベントに出席しただけですけども。そこで「今日の感想を #ビジネスTwitterハッシュタグを付けて投稿してね」と聞いたので、その通りに「セミナーに参加したが、最近あった詐欺プロモ(悪質ポイントサイトの件)に対しての言及も無く都合のいい話しかなされなかった」「そもそも理由なく凍結され、問い合わせても無視するtwitter運営はビジネス的に信用ならない」等の、事実ないし率直な感想を同タグを付け投稿しました。どう考えてもこれは正当な言論の自由の範疇ですが、恐らくこれが原因でしょう。恣意的な凍結も問い合わせを無視するのも事実です。

 

f:id:cbtgoods:20170424030641j:plain

 

凍結に対し当然異議申し立てをしましたが、「お客様のアカウントは、Twitterルール(https://twitter.com/rules)に繰り返し違反したため永久に凍結されました。このアカウントは復元できません。」とのコピペ回答しか得られませんでした。そして、「繰り返しルールに違反した」というのは事実ではありません。端的に言ってウソです、twitter運営はウソつきです。どの行為がどのルールに違反したのか、根拠を言えるものなら言ってみなさい。ぼくは神に誓って、この回答が嘘であると断言します。法廷に出る覚悟もあります。嘘つきだけは許せない性格なので、命をかけてでもtwitter japanさんには償っていただく所存です。

twitterはトランプ米大統領が発言の場として選んでいるほど、従来のメディアに比べ自由で新しいイメージが強いですが、その印象と乖離した独裁"社会"であることはあまり知られてこなかったように思います。一部、エロ絵師界隈ではこのような理由なき大量虐殺がある事が知られており、早々にpixivが立ち上げたMastodonインスタンス"Pawoo"が賑わいを見せているのもそのことと無関係ではないでしょう。かつて愛されたtwitterのクジラは死に、ゾウが生き返ったのは何かの因縁でしょうか。

 

windowsがまだ3.1だった頃、ぼくは大学のサークルで耳の不自由な女の子と友達になりました。部室代わりにたむろしていたコンピュータ室で、彼女は会話の輪に入れずにいるように見えたのでぼくはunixtalkで話しかけてみました。そのときの嬉しそうな顔を今でも覚えています。その後ぼくはフルスクラッチでBBSホストプログラムを作り、当時の言葉でいえばシスオペもしていました。あれから25年くらいでしょうか?あの頃の情報畑には、実現する技術はまだ無いけれど理想があったように思います。ぬか喜びと失望の繰り返しには慣れていたつもりですが、あらためて失望するのはやはり辛いものがありました。